per voi

あなたのために贈ります。

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークはいつ?過ごし方ランキングや無料施設をご紹介します!

投稿日:

新学期や新年度が始まったと思ったら、すぐにやってくる、うれしいゴールデンウィーク。

「今年はどこに出かけようかと早速計画しています」という方や、「どこに行っても混んでいるから、今年も自宅周辺でのんびり過ごそうか」と考える方など予定も様々でしょう。

「特に予定を考えていなかったけど、どこかおすすめの場所はないかな」という方も多いでしょう。
今回は、そんな方の為、「世間一般のゴールデンウィークはいつなのか」をふまえた上で、「ゴールデンウィークの過ごし方」や「ゴールデンウィークおすすめの施設」についてもご紹介いたします。
ぜひご参考ください。

広告

ゴールデンウィークはいつ?

「ゴールデンウィーク」
と一口に言いますが、一般的にはどの日を指すのかご存知でしょうか。

当初は5月3日から5月5日までの3日間を指すだけだったのですが、現代では一般的に4月29日から5月5日までにわたる祝日(4月29日昭和の日、5月3日憲法記念日、5月4日みどりの日、5月5日のこどもの日)と、その日の直前や直後に土曜、日曜、振替休日がある場合は、それらも含めて続く休暇(連続休暇)のことを指します。

公立の学校などでは、4月29日から5月5日の間に上記の祝日などを含まない平日についてはゴールデンウィークには含みません。(しっかり授業があります。)
幼稚園など私立の教育機関も同じような措置をとっているところが多いようです。

しかし、企業、特に勤務者の休暇取得を促進する傾向のある大企業などでは、4月30日、5月1日や2日などが平日の場合も連続して休暇が取れるよう配慮され、例えば年によっては「大型11日連休」といったような長期休暇となる場合も多い様です。

   

ゴールデンウィークの過ごし方ランキング!

では、世間一般の方は、「ゴールデンウィーク」をどのように過ごされているのでしょうか?
特にお子さんがいらっしゃるご家庭は、「どこか連れてってよ」というお子さんからのプレッシャーを感じるというケースも多いのではないでしょうか。

以下は「ゴールデンウィークの過ごし方 最新ランキング(家族編)」です。(参照元:パピマミ)

1位)家でのんびり過ごす 44%
2位)近場のスポットで遊ぶ 22%
3位)実家に帰省する 15%
4位)国内旅行をする 12%
5位)キャンプをする 4%
6位)海外旅行をする 3%

上のランキングによると、世間の皆さんは、ゴールデンウィークは予定が詰まっているようなイメージがありそうですが、そんなこともなさそうです。
「家でのんびり過ごす」という方が半数近くいらっしゃいます。

どこかに出かけるとしても、「近場のスポットで遊ぶ」という方が多数で、自宅から交通機関や車を使って、宿泊を伴うような「実家に帰省」や「国内旅行」、「海外旅行」はごく少数なのがわかります。
そんなに「どこかへ出かけないといけないわけではない」という感じではないことがよくわかりますね。

ゴールデンウィークの無料施設!

先程の章でご紹介したように、世間の方はそんなにお金をかけて、宿泊を伴うような遠出をしていないということがわかっていただけたのではないでしょうか。

しかし、それでもお子さんから「どこか連れてって!」という要望に応えなくてはならないこともありますよね。
「お金もかかるし、どうしよう・・・。」という方に朗報です。
全国には無料で楽しめる施設がたくさんあるのです。

今回は特にうれしい、「入園料が無料の施設」をほんの一例ですが、ご紹介します。
エリアは関東と関西にわけて、2つずつご紹介します。

(関東編)
・長井海の手公園 ソレイユの丘
(神奈川県横須賀市長井4丁目地内)
 →三浦半島の小高い丘にある公園で、半島の農業と海を一度に楽しむことができる体験型の公園です。
収穫体験や動物とのふれあい、手ぶらBBQ、または入浴施設などもあり、一日充分楽しめます。

・群馬県立 観音山ファミリーパーク

(群馬県高崎市寺尾町1064-30)
 →都心から少し離れますが、「安くて楽しい子育て応援パーク」と人気の公園です。広大な芝生やローラー滑り台が人気で、子供向けの遊具が充実しており、子供さんが飽きない工夫がたくさんあります。
子育て応援とあって、赤ちゃんのおむつ替えや授乳のコーナーも多数あるので、赤ちゃん連れの方も安心して利用いただけます。

(関西編)
・うだ・あにまるパーク
(奈良県宇陀市大宇陀小附75-1)
→総面積約8.2haの広い園内にやぎ、羊、ポニー、牛などが飼育されていて、乳搾りやポニーの乗馬、えさやりなどが体験でき、牧場体験を子供にさせてみたい方にはうってつけです。
お弁当を持ち込んでもOKですし、売店もあります。
ながい滑り台も好評です。

・夢の森公園
(兵庫県小野市昭和町441-6)
→長さ100メートルのローラー滑り台が目玉の公園です。その他もアスレチック遊具や金鑵城遺跡広場があります。
盆地に広がる田園を見渡すこともできるため、都会を離れてゆっくり過ごしたい方におすすめです。

まとめ

毎年うれしい「ゴールデンウィーク」ですが、お子さんがいる方は「今年もどうしようか・・」と悩みもつきものですね。

しかし、今年は思い切って出かけてみませんか。
そして近場で、お金をかけずに、負担少なくお子さんとの思い出を作ることをおすすめします!

ゴールデンウィークを家族で一緒に過ごせる時間は、子供が小学生の間など意外と短く、あっという間なのかもしれません。
後悔のないように、今しかできないことをぜひ楽しんでくださいね。

広告

広告

広告

広告

-ゴールデンウィーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
管理人のサラです。
元保育士で、夫・3人息子・愛犬1匹と暮らしています。
USJが大好きです。