per voi

あなたのために贈ります。

桃の節句

ひな祭りのひなあられの意味は?~菱餅・はまぐり・白酒・ちらし寿司~

投稿日:2016年12月21日 更新日:

ひな祭りには、様々な定番メニューがありますよね。
ひなあられ、菱餅、はまぐり、白酒、ちらし寿司などがそれにあたるのではないでしょうか。

でも、なぜこれらがひな祭りには欠かせない定番メニューとなっているのでしょうか?
それは、古来から受け継がれた、女児の健やかな成長を願った思いが込められているのです。

今回は、ひなあられ、はまぐり、菱餅、白酒、ちらし寿司のそれぞれに込められた意味を紐解いていきたいと思います。

広告

ひな祭りのひなられの意味

ひなあられについて述べる前に、ひな祭りの由来について触れたいと思いますが、詳細についてはこちらをご覧ください。

ひな祭りの雛人形を飾る意味・飾る時期・飾る方角・何歳から何歳まで?

平安時代になると、
ひな合わせ→自慢の雛人形を持ちより、見せ合う。
ひなの使い→御馳走を持って、親戚を訪ねる。
ひなの国見せおひなさまに春の景色を見せる。
ということが、行われていました。

この中にある、「ひなの国見せ」をする際に、何か手ごろなお菓子はないかと考え、発明されたのがひなあられ」と言われています。

関東と関西とでは作り方が違い、関東はポン菓子(お米)を甘く味付けしたものです。
関西は餅を使って、しょうゆで味付けしたものです。

当時のひなあられは、菱餅を砕いて作ったとも言われており、関西のひなあられが元となっていると言われていますが、実際の所は分かっていません。

さて、ここまでお話ししてきた通り、ひなあられはもともと持ち運びできるお菓子という条件のもとに作られたことが分かりました。

では、なぜ3色の色がついているのか。
それには、ひな祭りの「穢れを払う」という儀式に対する願いが込められていたと考えられます。
色によってその意味は異なります。

・赤・・・生命(血)のエネルギー
・緑・・・草木のエネルギー
・白・・・雪の大地のエネルギー

このように、「自然のエネルギーをいただくことで、穢れを払い、1年間健やかに過ごせる」としたのですね。

また、時々4色のひなあられも見受けられます。
この場合は、四季を現しています。

・赤・・・春
・緑・・・夏
・黄・・・秋
・白・・・冬

これらが意味するものは、「四季のエネルギーをいただくことで、1年間健やかに過ごせる」ことです。

いずれにしても、「1年間の健康を願っている」ことが、このひなあられの色の意味なのですね。

ひな祭りの菱餅の意味

菱餅は、中国に原点があるとされています。
中国来では、上巳の節に生命の始まりの場所とされる川に入り、1年の穢れを落として清める日がありました。(ひな祭りの原点とされている説もあります。)
その時に食べられていたお餅が「菱餅」の原点とされています。
その当時のお餅は丸くて緑色をしており、母子草が使われていました。

では、丸かったお餅が菱形になった理由は何か。
それは、様々な説がありはっきりと決まっていないようです。

・大地を現している
・女性を現している
・菱の実を横から見た形・・・などなど

では、なぜ1色だったお団子が3色になったのか。

もとは、ヨモギを使って1色で作られていましたが、江戸時代の初期になると、子孫繁栄・長寿の効果があるとされる「菱の実」を入れた白い餅が加わり、2色になりました。

そして、明治になると、魔除けに効果があるとされる赤色を取り入れ、クチナシで色付けしたお餅が加わりました。

そして、これらが重なり、現代の「菱餅」となったのです。

この3色を出すために使われているヨモギ・菱の実・クチナシのは、それぞれとある効果があります。
その効果も、ひな祭りの意義「子どもの穢れを払い、1年を健やかに過ごすこと」に結び付けられています。

ヨモギ・・・独特な香りが邪気を払い、厄除けに良いとされている。
また、病気の予防、解熱、解毒、目をよくする効果が期待できる。
菱の実・・・子孫繁栄、長寿に効果があるとされる。
クチナシ・・・山梔子(さんしし)とも言い、生薬の1つ。解毒効果があるとされる。
桃色に色付けできることから、健康と魔除けの意味のある桃の花を表現している。

そして、それぞれの意味として、色付けは次のことを表しています。

緑(ヨモギ)・・・邪気払い、厄除け、草木のエネルギー
白(菱の実)・・・純白、清浄、雪の大地のエネルギー
赤(クチナシ)・・・健康、魔除け、生命のエネルギー

ひなあられ同様に、菱餅も「子どもの1年間の健やかな成長を願っている」のですね。
地域によっては、5色・7色もあるようです。
きっとそれぞれに意味や願いが込められているのでしょう。

ひな祭りのはまぐりの意味

私の幼いころは、はまぐりのお吸い物は、ひな祭や結婚式でしか食べられなかった記憶があります。
どうして、ひな祭りにははまぐりが付き物なのでしょうか。

それは、平安時代に行われていた「貝遊び」からも分かります。

はまぐりの貝殻は、対になっているものでなければ、絶対にピタリと合うことはありません
このことから、「一生一人の人と添い遂げる」という昔ながらの女性の思いが込められているのです。
夫婦円満」「良縁に恵まれる」という言い伝えのある、縁起の良い食べ物とされているため、ひな祭りにははまぐりのお吸い物が出されるのです。

上記の理由から、江戸時代には嫁入り道具の1つとされて、真っ先に、嫁ぎ先に運び込まれたのだそうです。
これを「貝桶」と言い、1年分(旧暦の日数=360個)のはまぐりが入っていて、通年の「夫婦和合」を祈ったと言われています。

ひな祭りの白酒の意味

昔々のお話です。
とある女性が、お腹に大蛇を宿してしまいました。
3月3日に白酒を飲むと、大蛇が体外に流れ出るという話を聞きつけ、実践してみました。
するとどうでしょう。
見事大蛇を流産することができたのです。

このことからも分かる通り、白酒には邪気を払う効果、厄除けの効果があるとされているのです。

また、もともとは、中国で飲まれていた「桃香酒」というお酒が薬酒の1つとして、日本に運ばれ、年月を経て「白酒」という名称に変わったそうです。

この「桃香酒」は、桃の花びらを付けたお酒で、桃の花には「邪気を払う」「気力の充実」「体力の充実」をもたらすと言われていました。

では、この桃香酒がいつから白酒に変わったのでしょう。
それは、江戸時代です。
それまでは、白酒と名を変えた桃酒を嗜んでいましたが、次第に、みりんに蒸した米や麹を混ぜて1ヶ月ほど熟成させた現在の白酒が好まれるようになりました。

こういった経緯があり、ひな祭りには厄除け、邪気払い、お腹に悪い子を宿さないために、白酒を飲むようになったと言われています。

※白酒はお酒です。
未成年は、ノンアルコールの甘酒を飲むようにしましょう。

ひな祭りのちらし寿司の意味

もともとは、赤飯を食べていたようです。
これは、今でもそうですが、お祝いの席には欠かせないものですね。

それが、時代の流れとともにちらし寿司に変わっていきました。
(なぜちらし寿司になったのか、という説は未だにわかっていません。
彩りが春らしく、華やいだ印象であるため、ひな祭りにふさわしいからではないか?というのが一般的なようです。)

おせち料理と同じように、ちらし寿司にもそれぞれの具材に意味があり、ひな祭りの席でそれを食べることによって恩恵を授かろうとしたのでしょうね。

・えび(長寿)
・れんこん(見通しがきく)
・豆(健康でまめに働く)
・菜の花(春の恵み)

ここに、卵や人参などの華やかな色どりが春を連想させ、ひな祭りにふさわしいメニューの1つとして、膳を飾る1品となったのです。

とある一説では、「ちらしずし業界の陰謀」というものもありますが (^-^;
いずれにしても、この1品があるだけで、食卓がとても華やぎ、可愛らしい雰囲気になることは間違いないです。

(原点が分かる方、お知らせいただけると幸いです。)

まとめ

今回は、ひな祭りに出される食材、ひなあられ、菱餅、はまぐり、白酒、ちらし寿司について、その意味や由来をお伝えしました。

こういった背景を知ってからひな祭りを楽しむと、より一層「お祝い」への思いが募りますよね。
それぞれの食材の意味を教え伝えていくこともまた、古来より伝わる行事をさらに大切にしていくことに繋がるのではないでしょうか。

皆様が、楽しく、意味のあるひな祭りを過ごされることを、心より願っております。

広告

広告

広告

広告

-桃の節句
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初節句のひな祭りのマナーや手土産、祖父母の服装について

おめでとうございます。 このサイトをご覧になられているということは、お孫さんが生まれ、初節句を迎えられるということですね。 どんな初節句のひな祭りになるのか、今からとても楽しみにされているのではないで …

初節句のひな祭りは何をする?準備(衣装・料理)・マナーを紹介!

赤ちゃんのご誕生、誠におめでとうございます! 我が家には女の子がいないので、ひな祭りの華やいだ雰囲気がたまらなくうらやましいです。 今回は、初節句を迎える皆様の「あれってどうするの?」という疑問にお答 …

ひな祭りの雛人形を飾る意味・飾る時期・飾る方角・何歳から何歳まで?

「ひな祭りの雛人形を飾る意味ってあるの?」と、幼いころ、1度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか? それにはきちんとした理由があるのです。 飾る時期・飾る方角・何歳から何歳まで飾るのか・・・皆 …

お雛様を折り紙で簡単に作ろう!~お内裏様のエッグスタンド~

お雛様を眺めるのも良いですが、作ってみるのもまた風情があって良いと思いませんか。 今回は、折り紙を2枚使って、お内裏様のエッグスタンドを作ってみようと思います。 ※カメラの調子が悪くて、ピントが合って …

お雛様を折り紙で簡単に作ろう!~お雛様のエッグスタンド~

今回は、お内裏様に引き続き、お雛様のエッグスタンドを作りたいと思います。 折り紙の色や柄にこだわって、食卓をきれいに彩りましょう! ※カメラの調子が悪く、ピントが合っていないところもあります。 大変見 …

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
管理人のサラです。
元保育士で、夫・3人息子・愛犬1匹と暮らしています。
USJが大好きです。