per voi

あなたのために贈ります。

新幹線

快適な新幹線デビューするための上手な座席の選び方

投稿日:2017年3月31日 更新日:

旅に出かけるのはワクワクですが、新幹線での移動時間は長くなればなるほど大人 でも苦痛になってきます。
ましてや、赤ちゃんを連れての新幹線移動に、不安なく望まれる方は少ないのではないでしょうか。
私の経験では快適な移動の秘訣はベストな座席の確保にあると思い、ここでご紹介 させていただきます。

広告

指定席は移動時間を快適に過ごすためのセーフティーシート

新幹線移動を快適にするために、重要なのはベストな座席の確保です。
もちろん、一緒に行く人によっても違いがあります。
例えば、パパとママと赤ちゃんの3 名で大人の数の方が多い組み合わせ、他の兄弟が一緒で子供の数が多い組み合わせ、ママと赤ちゃんの 1 対 1 の組み合わせなどです。

そして、移動の限界範囲も座席確保の上で重要です。
私の場合、新幹線ののぞみで東京から移動する限界は神戸までの約3時間でした。
この区間がクリアできれば、その手前の大阪、京都、名古屋も問題ありません。
ここでは、ママが赤ちゃんを連れて神戸までの行くことを想定し、経験に基づいてお話しさせていただきます。

快適に移動するためには、必ず指定席を取ることをお勧めします。
未就学児は無料なので自由席を利用すればママひとり分の運賃で赤ちゃんの席と併せて2席確保することができます。
しかし、混雑時は気が引けますし、始発駅でも自由席確保のため早めに行って並ぶ必要があります。
席を確保できたとしても通路に人が立っている状況では、赤ちゃんがぐずりだしたときに逃げ場がありません。
狭い空間の中で赤ちゃんが泣き止まず、周囲の目も気になってママには精神的にも、肉体的にも疲労が募ります。

一方、指定席を取っていれば、無駄に早くホームで待つ必要はいのでその分、直前に おむつ交換しておく余裕を持つことができます。
目的地までは大きな荷物を事前に宅配便で送ったとしても、マザーバックとベビー カーは持って行くことになりますね。
ひとり座りができない赤ちゃんを連れて吊り棚への荷物の上げ下ろし作業は結構大変なので、ベビーカーとマザーバックを手元に置いておくことができる座席を選びたいです。

それは各車両の最前席です。
各車両の前後席には少しスペースに余裕がありますが、後部ですと、座席の後ろに置くことになりますので、私は最前席をおすすめします。 のぞみの座席は中央の通路を挟んで3列と2列の配置ですが、周囲に気を使いたくないのでふたりなら2列席を選びます。
パパや他にもうひとりお子さんがいらっしゃるなら3列席を選ぶといいでしょう。

指定席は指定席代や割り増し(のぞみ料金時)料金+子供料金もかかりますが、それなりにメリットがあるのでおすすめします。
指定席は決して贅沢ではなく、赤ちゃんとママがケガすることなく安心して移動するためのセーフティーシートなんです。

気分転換ができるエスケープゾーンの確保

次に、赤ちゃんがぐずった時に周囲に気を遣わず気分転換できるスペースの確保で、私は11号車のトイレなどがあるスペースを勝手に『エスケープゾーン』と呼んでいます
のぞみの場合は奇数車両にトイレが設置されており、ほとんどにおむつ交換台もあったと思います。
そのスペースは乗降のドア付近ですので窓もあり、景色を楽しむこともできますますし、座席のある車両とはドアで区切られていますので、赤ちゃんが泣いてもさほど迷惑にはなりません。

車両の最前席を取っておけば、ドア越しに座席も見えますので比較的安心です。
その中でも私の一押しは12号車の最前席です。
一番近いドアの向こうは11号車で、スペースは広めの『エスケープゾーン』、少し大きなお子さんが飽きた時も気分転換ができるのでありがたいスペースです。また、このスペースには多目的室があり、ここは障がい者の方が優先して利用できますが、利用者がいない場合、乗務員さんに確認すれば、だれでも利用できるので授乳時にも便利です。

新幹線は上りと下りで前後が代わりますので、東京に戻ってくるときは11号車の最前席の確保がおすすめとなります。この他、駅によってエレベーターの設置位置が違いますので、私は降車駅のエレベ ーターの位置を事前に確認しておき、降りたら左右の方向で迷わず、無駄に歩くことがないようにしていました。

日程が決まったらすぐに予約!インターネットでの予約が便利

新幹線のチケット販売は1か月前ですが、わざわざ緑の窓口に並ばなくても、イン ターネットでさらに1週間早く購入できて便利です。
新幹線の利用者はビジネスマンも多いため、日程が決まったらすぐに予約されることをおすすめします。
また、年末年始やGWなどお子様連れの旅に焦点を当てた『ファミリー車両』が企画されることがありますので、利用されるのもいいと思います。
http://www.jrtours.co.jp/fs/

まとめ

新幹線デビューのママさん、パパさん。余裕を持って移動することが赤ちゃんと快 適かつ安全に過ごせる秘訣です。いいデビューになることを応援しています!

広告

広告

広告

広告

-新幹線
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

新幹線の自由席の期限は?変更や払い戻しはできる?

新幹線に乗るときに便利な自由席がありますが、この乗車に関してもいろいろなルールがあることを知っていますか。 変更のルールや払い戻しのルールを知っておかないと大変なことになりますので、基本的なことを知っ …

新幹線で赤ちゃんのおむつ・トイレ・授乳・離乳食はどうする?

赤ちゃんとのお出掛けは楽しみな反面、泣かれてしまったらどうしよう、車内を汚してしまったらどうしよう。忘れ物をしてしまったらどうしようと心配すればするほど、きりがないですよね? 今日はそんなママのために …

新幹線の自由席とは?料金や回数券は?

日本のいろいろなとこに移動をするのに便利なのが新幹線です。 長距離の移動であっても早く移動をすることができるのが大きなメリットです。 しかし、費用が心配という人も多くいるでしょう。 そこで今回は、初心 …

新幹線に赤ちゃんはいつから乗れる?料金や注意点は?

いよいよ行楽シーズン、赤ちゃんを連れて出掛ける機会が増えると思いますが、小さい赤ちゃんを連れて出掛けるとなると、新米ママには不安がいっぱいだと思います。自家用車などとは違い公共の乗り物の場合は、更に心 …

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
管理人のサラです。
元保育士で、夫・3人息子・愛犬1匹と暮らしています。
USJが大好きです。