per voi

あなたのために贈ります。

母の日

母の日の花は鉢植えで!人気なものや長持ちするものは?

投稿日:

母の日の贈り物で一番人気があるものといえば、やはりお花でしょう。

そんなお花のプレゼントを鉢植えで贈ろうとお考えの方も多いと思います。
お花のお世話が好きなお母さんには、切り花よりも鉢植えのプレゼントの方が喜ばれるでしょう。

そこで、今回は母の日に人気の鉢植えや長持ちする鉢植えの花などをリサーチしました。

広告

母の日の花は鉢植え?切り花?

母の日のお花のプレゼントを鉢植えにしようか、切り花にしようかと悩む方も結構多いと思います。
まずは両方の長所・短所を見比べてみて、鉢植えと切り花ではどちらを贈った方がよりお母さんが喜んでくれるかを考えてみてください。

■鉢植えの場合
【メリット】
・切り花よりも長持ちする
・きちんと手入れすれば、次の年も花を咲かせられる
【デメリット】
・切り花と比べて、お世話が大変
・金額が同じ場合、切り花よりもボリューム感で劣る

■切り花の場合
【メリット】
・鉢植えと比べて、お世話が簡単
・金額が同じ場合、鉢植えよりもボリューム感で勝る
【デメリット】
・鉢植えよりも早く枯れてしまう
・花瓶が必要となる

お花のお世話が手間だとは思わない園芸好きのお母さんに贈るのであれば、断然、鉢植えのプレゼントがおすすめです。

家事に仕事に大忙しなお母さんに贈るには、鉢植えのお花は向いていないかもしれません。あなたがお母さんと一緒のお家に住んでいるのであれば、お母さんと協力してお世話をすれば問題は解決すると思いますが、すでに親元を離れてしまっている場合には、お母さんの現状を踏まえた上で、鉢植えにするか切り花するか選択した方が良いでしょう。

母の日の花で鉢植えで人気なものは?

ここからは、鉢植えにしようと決めた方に焦点をあてて話を進めていきますが、鉢植えと切り花でどちらにしようかまだお悩み中の方も、きっと参考となりますのでぜひ読み進めてくださいね。

母の日に鉢植えでお花をプレゼントする際に、まず気になるのはどんな花が人気なのかということだと思います。

母の日にプレゼントする鉢植えの花では、定番の「カーネーション」の他にも「バラ」「アジサイ」「ガーベラ」「胡蝶蘭」などが人気の花として挙げられます。
それぞれの特徴を簡単にまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

■カーネーション
言うまでもないかもしれませんが、母の日に贈る鉢植えで人気ナンバーワンはカーネーションです。母の日といえば、カーネーションというイメージはもはや確固たるものですからね。
最近では色のバリエーションもたくさん増えましたが、一番人気が高い色は、「母の愛情」という花言葉を持つ赤いカーネーションです。
カーネーションは日当たりが良く、乾燥した環境を好みます。暑さや寒さには強くないので真夏と真冬は室内で育てた方が良いでしょう。

■バラ
誕生日などの贈り物として喜ばれるのがバラの鉢植えですが、母の日のプレゼントとしても人気が高いです。
人気の理由は、可憐に咲くその姿と芳しい香りでしょう。
バラは夏の強い日差しが苦手なので、夏場は置き場所に気遣いが必要となります。

■アジサイ
母の日の新定番となりつつあるのが、アジサイです。
母の日から梅雨の時期まで元気に咲いてくれる上に見た目も豪華であることが人気の理由です。
アジサイは、小さな花が寄り添って咲く姿から「家族団らん」という花言葉を持ちます。もうひとつ、咲いてから散るまでに花の色を様々に変える姿から「移り気」という花言葉もありますが、人間だって子供から大人に成長するに連れて少しずつ変わっていくものですよね。
お母さんには、アジサイの色の変化とあなたの成長を照らし合わせて育ててもらいましょう。

■ガーベラ
可愛らしく咲く姿が人気のガーベラですが、南アフリカ原産のお花ということで、湿気が苦手です。母の日から間もなくやってくる梅雨時のお手入れの仕方が大事になってきます。
ガーベラは、日差しと乾燥を好むので鉢植えの場合、日当たりの良い場所で育ててください。

■胡蝶蘭
ゴージャスなお花を贈りたいのであれば、胡蝶蘭がおすすめです。
祝い事などに贈ることが多い胡蝶蘭の鉢植えですが、母の日のサプライズとして贈る人が増えています。
東南アジアを中心とする熱帯から亜熱帯の地域が原産ということで、森林の中のような環境を好むので、直射日光に当てないように育てるのがコツです。

母の日の花で鉢植えで長持ちするものは?

母の日に鉢植えのお花をプレゼントしたいけど、「枯れてしまったら寂しいし、お世話をするのが大変だと逆にお母さんを困らせてしまうのでは」と心配になる方も多いと思います。

そんな方のために、長持ちする上にお世話も簡単な花を3つご紹介します。
忙しいお母さんやズボラな性格のお母さんに鉢植えを贈るのであれば、特におすすめです。

■アジサイ
母の日に贈る人気の鉢植えでもご紹介したアジサイは、とても丈夫でお世話が簡単な花でもあります。
実のところ、アジサイは「一年草」や「多年草」よりも丈夫な「落葉低木」です。
「草」ではなく「木」ですから、何年も生きることができるというわけです。
ただし長く育てていると、鉢植えでは少し窮屈になって弱ってしまうので、お庭や大きめのプランターへの植え替えが必要となってきます。

■ゼラニューム
真冬以外は咲いているというとても元気で長持ちするお花です。ゼラニュームは湿気が嫌いで乾燥が大好きという特徴があるので、お世話というお世話は必要ありません。
価格も安いので経済的にもリーズナブルですが、安すぎて贈り物としてどうなのかなと不安に思うのであれば、スイーツなどをセットにして贈るのもアリだと思います。
少し青臭い匂いがするという欠点はありますが、室内ではなく屋外で育てるのであれば、それほど気になることではないと思います。

■クレマチス
クレマチスは「つる性の多年草」ですので生命力が非常に強く、かつ環境適応能力に優れていますので、とても長持ちするお花です。
寒い時期になると枯れたように弱々しい姿になるため、勘違いして捨ててしまう人も多いようですが、これはいわゆる冬眠状態にあるだけで、暖かくなってくるとまた元気に花を咲かせます。

まとめ

最近の母の日では、カーネーション以外の花を贈る人も増えています。
母の日は毎年やってきますので、その年ごとに、違う花を贈ってみてはいかがでしょうか。

鉢植えの場合は特に、花の種類ごとに適した環境やあげる水の量などが違ってきますので、花のお世話の仕方や育てるコツなどを事前に調べて、鉢植えに添えるメッセージカードに書いて贈るというのも素敵だと思います。

広告

広告

広告

広告

-母の日
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

母の日の花でおすすめは?選び方や花言葉も紹介!

今年も母の日が近づいてきましたね。 お母さんは言葉に出さなくても、年に一度の母の日を楽しみに待っているものです。 そんなお母さんを喜ばせるにはお花のプレゼントがやはり定番です。 近頃では、母の日にお花 …

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
管理人のサラです。
元保育士で、夫・3人息子・愛犬1匹と暮らしています。
USJが大好きです。